岡山県北の弁護士 津山総合法律事務所  

岡山県北の弁護士 津山総合法律事務所(所長 弁護士黒田 彬)

>
西村綜合法律事務所の新たなインターネット上の違法広告問題

  西村綜合法律事務所の新たなインターネット上の違法広告問題

 

 令和元年10月30日,弁護士法人西村綜合法律事務所の新たなインターネット

上の違法広告問題について同弁護士法人及び弁護士西村啓聡の懲戒処分を岡山弁護

   士会に請求いたしました。

 

 

懲 戒 請 求 書 

 

                      令和元年10月30日

 

    岡山弁護士会 御中

 

                 懲戒請求者  黒   田       彬

   

以下のとおり懲戒処分の請求をする。

 

〒708-0004 岡山県津山市山北560番地4 ムサシノビル6階

                     津山綜合法律事務所

            懲戒請求者  黒   田       彬 

    (主たる事務所)

    〒708-0051 岡山県津山市椿高下45番地2

    (従たる事務所)

    〒700-0818 岡山市北区蕃山町3番7号両備蕃山ビル501

         懲戒を請求する弁護士法人  弁護士法人西村綜合法律事務所

    〒700-0051 岡山県津山市椿高下45番地2

         懲戒を請求する弁護士    弁護士法人西村綜合法律事務所

                        西   村   啓   聡

    

懲戒を求める事由    

 

     1 当事者

      ⑴ 懲戒請求者は,平成6年10月以来,津山市において法律事務所

       を開業している弁護士である。

      ⑵ 懲戒を請求する弁護士法人(以下「対象弁護士法人」という。)

       は,平成27年1月15日設立された弁護士法人であり,懲戒を請

       求する弁護士(以下「対象弁護士」という。)はその代表社員であ

       る。

     2 対象弁護士法人の会則違反

      ⑴ 対象弁護士法人は,平成31年4月頃,「西村綜合法律事務所

       顧問弁護士・企業法務相談」と題するインターネット上のサイト

       (https://nishimuralawoffice.com/voice 甲1 。以下「本件

       サイト」という。)を開設し,同サイトの「顧問先の声」のペー

       ジに,「実際に西村綜合法律事務所をご利用いただいたお客様へ

       のインタビューを掲載しております。ご依頼の際の参考にしてい

       ただけますと幸いです。」として,顧問先のインタビュー記事を

         掲載していたが,令和元年10月頃,「顧問先の声」のページを

       更新し,現在, 

        ① 美作大学

        ② 有限会社土居の里

        ③ 株式会社大広

        ④ TRIPORT株式会社

       の4件のインタビュー記事を同ページに掲載するとともに,①ない

       し③の顧問先について対象弁護士とともに撮影した写真を記事中に

       大きく掲載している(甲2)。

      ⑵ 日本弁護士連合会の弁護士等の業務広告に関する規程第4条第2

       号は,「顧問先又は依頼者の書面による同意のある場合」を除いて,

       弁護士が顧問先又は依頼者を表示した広告をすることを禁止してお

       り,同規程の解釈及び運用についての指針を定めることを目的とし

       て平成24年3月15日理事会決議された「弁護士及び弁護士法人

       並びに外国特別会員の業務広告に関する指針」は,規程第4条第2

       号について,以下のように記載している。

 

          第4,3,⑴ 

          顧問先又は依頼者は,弁護士及び外国法事務弁護士の守秘義

         務にかかる事項であり,顧問先及び依頼者をその同意なく表示

         することは,法令に違反する広告に該当し,規程第3条第6号

         に違反する例である。

          第4,3,⑶

          規程第4条第2号ただし書の書面による同意は,守秘義務に

         関して無用な争いが生じることを避けるため,同意の範囲,有

         効期限その外重要な事項を明示して得なければならない。

 

      ⑶ 対象弁護士法人は,①ないし③の顧問先については,平成30年

       8月頃から現在本件サイトに掲載されているものと同一内容のイン

       タビュー記事(甲3)を,対象弁護士法人のサイトに掲載していた

       が,懲戒請求者が美作大学の藤原修己理事長及び片山学事務局長に

       確認したところでは,同インタビュー記事は,対象弁護士の弁護士

       活動を紹介するパンフレットを作成するということで,インタビュ

       に応じたものであり,美作大学は,対象弁護士法人がインタビュー

       記事をインターネット上の広告に使用している事実についてまった

       く不知であった。

          したがって,対象弁護士法人は,他の顧問先についても,インタビ

       ュー記事を本件サイトに掲載することについて書面による同意を得

       ていないだけでなく,そもそも,インタビュー記事を対象弁護士法

       人のインターネット上の広告に使用することについての同意も得て

       いないものと考えられる。

      ⑷ 本件サイトにおける対象弁護士法人の広告は,弁護士の守秘義務

       に違反し,顧問先をその同意なく広告に表示したものであって,法

       令に違反する広告に該当し,岡山弁護士会会則第9条⑷の禁止する

       「弁護士及び弁護士の品位を毀損するおそれのある広告」に該当す

       るものである。

      ⑸ よって,懲戒請求者は対象弁護士法人及び対象弁護士法人の代表

       社員であり,本件サイトの対象弁護士法人の広告の作成者である対

       象弁護士の懲戒処分を請求する。

                                  以 上

 

                  証 拠 資 料

        

       甲1 「西村綜合法律事務所 顧問弁護士・企業法務相談」と題す

         るインターネット上のサイトのトップページ

       甲2 上記サイトの「顧問先の声」のページ

       甲3 以前,上記サイトの「顧問先の声」のページに掲載されてい

         たインタビュー記事